エーゼン大塚建設 スタッフブログ

自然素材・輸入壁紙を使った「住宅リフォームブログ」エーゼン大塚建設

ホーム > エーゼン大塚建設 スタッフブログ

カテゴリ

こんにちは!大塚昌子です。

今年もあと僅かとなりました。

 

新型コロナウィルスで前半はどうなっちゃうんだろう?

と思っていた2020年。

ブログがなかなか更新できず、

途中、ホームページは《NOT FOUND》になったりして

思い返すと、新型コロナウィルスとは関係ないところで

一部のお客様を不安にさせてしまいました。

その節は、大変申し訳ありませんでした!

 

そんな訳で、2020年に施工したのに

ここで、ご紹介出来なかった現場をご紹介いたします。

今年の2月にお引き渡しをさせて頂いた

お客様とのリフォーム工事です。

 

P1225435.JPG

 

P1225443.JPG

 

写真 2020-01-18 11 47 35.jpg

 

2019年の5月頃にお問い合わせを頂いたのが始まり。

(後で伺ったのですが、実際にリフォームを考え始めたのは更に1年前とのことでした。)

それは、とても詳細に描き込まれたプランの図面と一緒に送られてきた

お問い合わせのメールからでした。

 

所有していらっしゃる築15年のマンションを、

ご自分達が長く住まうためのフルスケルトンリフォーム。

そのために、絶対に必要な希望事項が、

プラン図とメールにはびっしりと書かれてありました。

 

『夢のマイホーム』、いったいどこまでが実現可能なのだろうか?

本当に、こんな事を実現してくれる工務店があるんだろうか?

目を通しながら、探している様子が覗えました。

 

ご主人は、音マニア、音響マニアな方で、

所有されている機器やスピーカー、新たに取り付けたいと考えている音響機器の

設置場所も詳細に記されてありました。

 

写真 2019-07-06 15 30 35.jpg

 

写真 2019-11-02 19 54 31.jpg

 

奥様は、色マニア、ピッタリ収まる収納空間が好きな方で、

置きたい家具や好みのファブリックと床や壁の色の調和をとても大事にされていて

「こういう物を使いたいんです!」としっかりとした目標が記されてありました。

 

写真 2019-12-02 14 51 34.jpg

 

写真 2020-03-07 16 15 52.jpg

 

実は施主様、私達私達にたどり着くまでの1~2年前から、

気に入った床の材料を探してショールームを巡ったり、サンプルを取寄せてみたり

こつこつと着々と準備をされてきたそうです。

なるほど~、それがこのプラン図に落とし込まれていたのですね。flair

 

写真 2019-11-17 16 01 20.jpg

 

最初は、代表も私もお二人の熱意に圧倒されていましたが

個性的であり、今までになかったパターンの

既存マンションフルスケルトンリフォームに

心のどこかで、ワクワクするのを感じておりました。

 

とても精密な音響機器を置くための床

周囲への防音対策

折れ上げ天井

カビ対策と通気を考える

冬の寒さ対策

きっちり収まる造作収納

使いたい内装材料をいかにバランス良く施工するか

契約後も幾度となく打ち合わせを重ねて、現場は進んでいきました。

 

そして出来上がった空間は、落ち着いたどこか懐かしい印象のある、

優しいトーンの住空間に生まれ変わりました。

選び抜いた素材が主張し過ぎず、

施主様が選び抜いた家具や照明器具とも良く溶け合って

完成形を一緒に見ることが出来て、とても嬉しく思いました。 

 

写真 2019-11-16 11 32 57.jpg

 

写真 2020-01-18 11 36 08.jpg

 

特に、施主様が目指す折れ上げ天井作りは、

代表と大工の親方の妥協を許さない現場仕事の賜物!

施主様と一緒に、塗装の色の調色や珪藻土の色の調色も、

入念に打ち合わせを重ねたこだわりの色に仕上がりました。

 

写真 2020-01-18 12 52 13.jpg

 

写真 2020-01-18 13 53 35.jpg

 

写真 2020-01-09 17 48 45.jpg

 

写真 2020-03-07 19 41 22.jpg

 

写真 2020-03-07 19 45 25.jpg

 

「想像していた以上です!」

完成後にそう言って頂けて良かった!

 

写真 2020-03-07 19 04 00.jpg

 

私達の方こそ、探して見つけて下さってありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • Clip to Evernote

こんにちは!大塚昌子です。

前回からの続きです。

 

さて、キャットブリーダーの施主様から新たなご依頼。

引き渡したばかりの、猫達とのふれあいスペースのお隣部分、

同じ建物内なのですが、古い納屋のような、車庫のようなスペースがあり、

そこへ、ピアノが置けるように出来ないだろうか?と言うご相談でした。

 

写真 2020-04-20 15 23 22.jpg

 

写真 2020-05-03 14 16 43.jpg

 

代表も、工事中に資材置き場としてお借りしていたスペースなのですが、

ほぼ建築当時のままで、いろんな物が混在して置かれている状態でした。

大家さんにも確認していただいて、工事が可能だとわかり手掛ける事となりました。

 

キャットブリーダーでもある施主様は、実はピアノの先生でもあるんです。

ご自宅にもピアノを持っていらっしゃるのですが、

お身内で手放そうとされている、行き場のないピアノのがあり、

その救済処置として使っていないスペースを利用出来たらと考えたそうです。

 

ただ置くだけと言っても、長く手入れが行き届いていない木造住宅です。

床を直すだけじゃなく、建物そのもののコンディションを確認しつつ、

湿気対策や耐震補強、必要な手当てはやっておいた方が良いですね!と

ご提案もさせていただきました。

 

人の出入りがきちんと出来れば、適度に換気も出来るはずです!

ピアノを置く最低限の環境を、代表と施主様で確認しながら

予算内で今出来る事に優先順位を付けていきました。

 

①室内をとにかく明るくしたい。.⇒ 夜間に暗いと足元が危険。

②内階段の勾配を変えたい。⇒ 急勾配で誰も使いたがらない。

③使いにくい既存シャッターを出来れば使わず出入りしたい。

④ピアノが置ける床を作る。⇒ もともと土間なので足が沈んでしまう。

 

それから、今後いろんな事にスペースを利用して頂けるようにしよう!

例えば、ピアノカフェみたいに集えるスペースにも出来るように…cafe

そんな楽しいイメージが、だんだん膨らんできました。

 

写真 2020-05-28 8 50 50.jpg

 

写真 2020-05-29 9 38 00.jpg

 

写真 2020-05-29 17 27 26.jpg

 

ちょうど、新型コロナウィルスの影響もあり、時間をしっかり頂けたので

代表自ら大工と化し、階段、壁も作っていきました。

古民家の雰囲気を隠すよりも、全面に出した内装にしてコストダウンにもなりました。

左官の親方が、外壁に表情を付けてくれたら、こんな感じに仕上がっていきました。

 

写真 2020-06-16 16 48 14.jpg

 

写真 2020-06-17 15 21 27.jpg

 

写真 2020-06-18 11 37 55.jpg

 

写真 2020-07-01 15 02 58.jpg

 

写真 2020-07-01 17 19 20.jpg

 

今回は、お隣の猫とふれ合えるスペースの色合いとは対照的な色合いにしました。

「明るくしたい!」=白い壁、照明を増やす!という方向ではなくて、

全体的にアンバーな、経年で出来た風合いをうまく利用して落ち着いた印象の内装へ。

壁は、あえてダメージ加工された木質プリントの有孔ボードを使用。

明るさは、ライティングレールに付ける照明器具と

天井から吊り下げるペンダントライトでバランスを取ってみたり…

どんな風に仕上げられるのか、私達が試されてる感じでした。

 

写真 2020-07-11 16 34 49.jpg

 

写真 2020-07-11 16 34 07.jpg

 

写真 2020-07-11 16 32 20.jpg

 

写真 2020-07-11 16 33 03.jpg

 

ちょっとインダストリアルな雰囲気にも仕上がったかな?

↑お引き渡し後に、実際にピアノが置かれた写真です。

居場所が出来て、本当に良かったですね。

ピアノの調律はせずに、移動先の環境に馴染んだ頃に行うそうです。

狂いのない音色を出す為に、必要なんだそうです。

 

いつか、ここでピアノの演奏を聴いてみたいですね~notes

楽しい時間をありがとうございました!

☆ご紹介の現場は、随時施工事例にてアップ予定です!お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • Clip to Evernote

こんにちは!大塚昌子です。

毎度のことですが、しばらくぶりのブログになってしまいました。coldsweats01

 

新型コロナウィルスと共に、新しい生活スタイルを実行しつつ

新しい仕事の進め方を考えながら、お仕事を続けていかないと!

そんな事を考えていた頃に、以前お仕事をさせていただいた施主様から

楽しげなリフォームのご相談を頂きました。

 

写真 2020-02-09 13 00 15 (1).jpg

 

写真 2020-02-09 13 03 19.jpg

 

写真 2020-02-09 13 14 58.jpg

 

古い木造住宅を利用して、キャットブリーダーのお仕事をされている施主様。

今まで、ご自分で工夫して使用されていた飼育スペースを、きれいにしたい!

という事だったので、最初は床と壁のリニューアル程度なのだろうと思っていました。

 

「ここを飼い主さん同士の交流スペースみたいなお部屋に出来ないでしょうか」

そこは、飼育スペースが隣接する空きスペース(8畳)

いろいろ手を加えなければならないし、もともとが古~い木造住宅なので

良く言えば昭和の頃を思い出すレトロ感、悪く言えば何か出てきそうな…

ここをどうリフォームできるか、想像できないけど楽しそう…catface

そんな印を持った象現地調査でした。

 

写真 2020-02-09 13 14 38.jpg

 

写真 2020-02-09 13 30 31.jpg

 

飼育スペースのリニューアルが完了して、取りかかった多目的スペースは、

代表のアイディアとブリーダーさん、キャットシッターさん達の希望がいっぱいの

こんなスペース生まれ変わりました。

 

写真 2020-04-06 17 48 52.jpg

 

写真 2020-05-03 15 07 45.jpg

 

写真 2020-05-03 15 08 08.jpg

 

写真 2020-05-03 15 08 42.jpg

 

壁の色は、キャットシッターさんの案でラプンツェルをイメージした淡いパープル、

ブリーダーさんにお聞きして、これなら猫達の運動不足解消にもなるはず!

と部屋一周出来ちゃうキャットウォークを作成。

照明やフェイクグリーンなど装飾小物を選ばせていただき、

やり過ぎない程度、飾らせていただきました。

 

写真 2020-04-10 14 27 14.jpg

 

写真 2020-04-16 17 27 16.jpg

 

写真 2020-04-20 17 41 11.jpg

 

写真 2020-04-20 17 22 35.jpg

 

こうして猫カフェではない、猫とふれあう事の出来るスペースが出来上がりました。

実際に猫とふれあうとこんな感じに~cat

施主様、キャットシッターさんにも、とても喜んで頂けました。

 

写真 2020-05-03 15 00 02.jpg

 

写真 2020-05-03 14 42 36.jpg

 

写真 2020-05-03 14 51 59.jpg

 

そうしたら、施主様から次のご相談をいただき、

これまた、楽しげな雰囲気が…happy02

次回へ続く…。

☆ご紹介の現場は、随時施工事例にてアップ予定です!お楽しみに♪

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • Clip to Evernote

こんにちは!大塚昌子です。

久しぶりの投稿になります。皆さま、いかがお過ごしでしたか?

私達も、新型コロナウィルスの対策を立て

お約束していた現場は、無事にお引き渡しをする事ができました。

緊急事態宣言が出された頃には、代表とも相談して

リフォームや住まいのご相談を、オンラインでさせて頂けるよう

新時代に対応出来るよう準備してきました。

その間に、入手困難だった建築リフォーム資材も戻りつつあります。

 

さて、現場で輸入壁紙を貼る機会が続いております。

個人的には、とてもうれしいです。heart04

昨年は、バレエスタジオで施工させていただき

今年は、住宅での施工が続きそうで楽しみです。

 

私達がお取り扱いできる輸入壁紙は、

株式会社テシードさんの輸入壁紙です。

2月中旬に、営業担当者さんが新しい見本帳を持ってきて下さいました。

こちらは、英国王室御用達のブランド、Cole&Sonsの新作。

 

IMG_3322.jpg

 

永代ショールームの壁にも貼ってある白樺を思わせる樹木柄。

これも、Cole&Sons(コールアンドサン)。

表紙にもなるくらいシンボル的な柄でもあり、人気の柄です。

 

IMG_3323.jpg

 

CASADFCO(カサデコ)

 

IMG_3326.jpg

 

そして、鳥の柄は今年の新作の壁紙で、とにかく美しい!

インクが重なって生み出す色だったり、表面の凹凸だったり

いつまででも眺めていたい、そんな印象を受けました。

 

IMG_3321.jpg

 

IMG_3324.jpg

 

IMG_3331.jpg

 

IMG_3333.jpg

 

IMG_3335.jpg

 

IMG_3334.jpg

 

IMG_3340.jpg

 

あぁ、もっと壁があったらな・・・と事務所を見回してしまいました。

私たちは、リフォーム工事に伴う壁紙の貼り替え工事が主なのですが、

今までも、輸入壁紙に貼り替えるだけの方もいらしゃいました。

その場合は、専門の職人さんを手配をしての施工となるため

少々お時間がかかる時もありますので、ご承知おき下さい。

 

DIYでご自分で貼られるお客様には、

壁紙だけをお取り寄せする事も可能です。 ⇒ 問い合わせフォーム

株式会社テシードのショールームには、ご紹介した見本帳の他にも、

沢山の輸入壁紙と出会えます。 ⇒ 株式会社テシード東京ショールーム

国内在庫の見本帳は、私の居る永代ショールームにも置いてあります。

貼ってみたいなぁ~と思える壁紙に出会えると良いですね~lovely

 

※現在、新型コロナウィルス感染予防のため、ご来店頂く際には事前の予約をお願いしております。

※各社ショールームへお出かけの際にも、各社ごHPにて最新情報をご確認のうえお出かけ下さい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • Clip to Evernote

こんにちは!

自然素材・輸入壁紙を使った「住宅リフォームブログ」を運営している

東京都江東区のエーゼン大塚建設 代表の大塚健太郎です。

 

最近怠けてYoutubeへの投稿を怠っていますが

4月末になると、いよいよ仕掛の現場も終わりデスクワーク三昧の生活となります。

その時間をYoutubeの投稿とホームページのリニューアルに当てようと計画してます。

 

さて、オーツカが運営しているYoutubeチャンネル「リフォーム大好き講座」

DIYファンがよく見てくれているようで

「あれはどうやっているんですか?」

「防水材の商品名を教えてください」

など、ノウハウを聞いてくる問い合わせが結構あります。

それだけでは商売にならないのですけどね(笑)

 

でも2年前からYotubeからフルリノベーションの依頼も来るようになりました。

お客様ご自身がDIY上級者で、「自分の思い描いたプラン」をお持ちで

オーツカならそれをかなえてくれそう

と思っていただけたようです。


Youtubeありがたや (笑)

 

さてそのYoutubeチャンネル「リフォーム大好き講座」には
ご自宅でお子様と一緒に楽しめるDIY講座がいくつかあります。

このブログでそれをまとめてみました。

ご家庭で楽しんでいただけると嬉しいです。

 

 

1.100円ショップの材料でできるウォールアート

 

 

2.ビニールクロスにステンシルで絵を描いてみる

 

 

3.簡単にはがせる糊で輸入壁紙を貼ってみる

 

 

4.マスキングテープで壁をストライプ柄にデコペイントしてみる

 

5.海綿やスポンジを使ってデコペイント

 

 

6.洋菓子作りの道具「ボア」で壁を木目柄にペイント

 

7.↑の木目柄デコペイントを実践してみた

 

8.ポストイットのように何度も張り直しが出来る糊でキッチン扉をデコる

 

いかがでしたでしょうか?

実際に壁紙にペイントするのは勇気がいりますから

工作用のボール紙などでデコペイント作品を作るのがお勧めです。

お子様の作品をフレームに入れて壁に飾ると素敵ですよ。

 

 

 

マンションのリフォームをお考えの方はエーゼン大塚建設でご相談いただけます。

お近くの方は永代ショールームまでお越しください。

(2020年4月15日現在はオンラインリフォーム相談を受け付けております)

電話・FAX・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

一般お問合せバナー.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • Clip to Evernote